「会社を変えるのはあなたです」カテゴリーアーカイブ

リーダー・アシミレーションでメンバーとの関係構築

今回は、リーダーとメンバー間の関係構築を強固にしたい、あるいは意思疎通をはかりたいときに効果的な「リーダー・アシミレーション」 という手法をご紹介しましょう。

最もよく用いられるのは、新しく就任したリーダーが早期に組織に溶け込もうというような場合です。 続きを読む リーダー・アシミレーションでメンバーとの関係構築

AIが組織一丸の改革を可能にする

今回は、ファシリテーション、特にチーム作りを目的としたファシリ テーションに使える「アプリシエイティブ・インクワイアリー」をご紹介しましょう。

「アプリシエイティブ・インクワイアリー」は、「人や組織において活力を与える要素を先に探求していくこと」と定義され、AIと略されています。AIでは「問いかけ」を通じて組織や社員のポジティブな面、内在する可能性を認識して強化します。 続きを読む AIが組織一丸の改革を可能にする

誰がファシリテーターになるべきか

誰がファシリテーターになるべきか。これにはさまざまな選択肢が考えられます。チームのメンバーを指名してやってもらってもいいですし、リーダー自らファシリテーターとなってもいいです。また社外のプロに頼んでもいいでしょう。それぞれのメリットとデメリットを考え合わせ、そのときの状況に応じて、選んでいけばいいのです。 続きを読む 誰がファシリテーターになるべきか

活発な議論のためにやるべき3つのこと

ファシリーターがどのような問を投げかけるべきかにはマニュアルはありません。そのときの状況に応じ、臨機応変に対応することが必要で 、ここにファシリテーターの力量の差が出てきます。やるべきことは以下の3つです。 続きを読む 活発な議論のためにやるべき3つのこと

活発な議論を促し、グループをチームに

ファシリテーションが単なる司会進行と異なるのは、話し合いを 通じて「チームを作る」「チームとしてのより高い成果を引き出す」という目的があるからです。 そのために重要となるのはファシリテーターが:
・メンバーの思考を刺激するような質問を投げかけること
・メンバーの発言を他のメンバーにつなげたりすること
のふたつです。 続きを読む 活発な議論を促し、グループをチームに

「場」と「アジェンダ」を作る

ファシリテーターが行う事前準備は「場作り」と「アジェンダの作成」です。

場作りは、話しやすいような環境を設定すること。 単にテーブルと椅子を用意するだけではなく、全体的な雰囲気にも配慮しなければなりません。場が和むように環境音楽をかけるファシリテーターもいれば、意見を出しやすいように壁いっぱいにフリップチャートを張り出す人もいます。 会社から離れた「オフサイトミーティング」も効果的です。普段の話し合いの延長になってしまうことを避けるために、場所を変えて行うのです。 続きを読む 「場」と「アジェンダ」を作る