facilitators のすべての投稿

5 Tips to Make Your Meetings More Interactive: 全員参加型会議を実現するための5つのコツ(Michael Glazer)

※末尾に英訳があります。

全員参加型会議を実現するための5つのコツ

「チーム会議で、参加者が発言しないのは、なぜでしょうか?」

これは、私がオフサイト・ミーティングやワークショップの計画を立てる際に、必ずと言っていいほど、クライアントから聞かれる質問です。

一部の人が会議を支配し(誰のことか、おわかりですね!)、他の人は無言に終始する。 続きを読む 5 Tips to Make Your Meetings More Interactive: 全員参加型会議を実現するための5つのコツ(Michael Glazer)

リーダー・アシミレーションでメンバーとの関係構築

今回は、リーダーとメンバー間の関係構築を強固にしたい、あるいは意思疎通をはかりたいときに効果的な「リーダー・アシミレーション」 という手法をご紹介しましょう。

最もよく用いられるのは、新しく就任したリーダーが早期に組織に溶け込もうというような場合です。 続きを読む リーダー・アシミレーションでメンバーとの関係構築

AIが組織一丸の改革を可能にする

今回は、ファシリテーション、特にチーム作りを目的としたファシリ テーションに使える「アプリシエイティブ・インクワイアリー」をご紹介しましょう。

「アプリシエイティブ・インクワイアリー」は、「人や組織において活力を与える要素を先に探求していくこと」と定義され、AIと略されています。AIでは「問いかけ」を通じて組織や社員のポジティブな面、内在する可能性を認識して強化します。 続きを読む AIが組織一丸の改革を可能にする

誰がファシリテーターになるべきか

誰がファシリテーターになるべきか。これにはさまざまな選択肢が考えられます。チームのメンバーを指名してやってもらってもいいですし、リーダー自らファシリテーターとなってもいいです。また社外のプロに頼んでもいいでしょう。それぞれのメリットとデメリットを考え合わせ、そのときの状況に応じて、選んでいけばいいのです。 続きを読む 誰がファシリテーターになるべきか

活発な議論のためにやるべき3つのこと

ファシリーターがどのような問を投げかけるべきかにはマニュアルはありません。そのときの状況に応じ、臨機応変に対応することが必要で 、ここにファシリテーターの力量の差が出てきます。やるべきことは以下の3つです。 続きを読む 活発な議論のためにやるべき3つのこと

活発な議論を促し、グループをチームに

ファシリテーションが単なる司会進行と異なるのは、話し合いを 通じて「チームを作る」「チームとしてのより高い成果を引き出す」という目的があるからです。 そのために重要となるのはファシリテーターが:
・メンバーの思考を刺激するような質問を投げかけること
・メンバーの発言を他のメンバーにつなげたりすること
のふたつです。 続きを読む 活発な議論を促し、グループをチームに