活発な議論のためにやるべき3つのこと

ファシリーターがどのような問を投げかけるべきかにはマニュアルはありません。そのときの状況に応じ、臨機応変に対応することが必要で 、ここにファシリテーターの力量の差が出てきます。やるべきことは以下の3つです。

1.中立の立場に立ち、全体を見渡す:
メンバーに議論をしつくさせるのがファシリテーターの役割である。ファシリテーターが発言するときには、あくまでも中立の立場でなければならない。異なる意見があるときは、どちらかに肩入れするよ うなことは避けなければならないのである。一方で、皆の意見にあまり違いがなく、議論が活発にならないような場合は、欠けている視点を補うことが必要な場合もある。常に、高い視座に自分をおいて全体を眺めることが欠かせない。

2.場の空気を読む:
・長く話しすぎて、だれてきている
・逆に、話し合いが調子づいてきている
・あまり発言していない人がいる
・下位の人が遠慮をしているなどその場におきていること、見えにくい人間関係にまで配慮して、チームとして一丸となれるような雰囲気を作り出す。

3.議論の見える化:
出てきた意見を整理して書き出す。求める成果に向けて、話し合いが現在どのような位置にあるのか、この先何を話したらいいのかが明確になっていく。