強さと謙虚さを身につける

コーチングを受けるにしろ、受けないにしろ、より優れたリーダー になるために心がけてほしいことがふたつあります。 それは「強さ」と「謙虚さ」です。

「強さ」とは自分の信念や価値観がぶれずに安定していること、どんな環境にあっても逃げないこと、自分に対して自信を持つこと。 「謙虚さ」とは、回りの声に耳を傾け、自分自身の有効性を検証していくことです。

一見相反することのように思えますが、本当に強い人ほど謙虚になれるものです。

まずこのふたつを身につけたうえで、戦略的思考やコミュニケーショ ンなど、リーダーに必要な技術を身につけるとよいでしょう。この順序を間違えると「方法論オタク」になってしまいます。十分注意してください。