書籍紹介

書籍紹介-ファシリテーター必読 書籍・雑誌記事

 

“困った職場”を劇的に変える 話し合う技術を磨く
ピープルフォーカス・コンサルティング著
日経BP社
【内容】
日経情報ストラテジーの連載を元に再構成。コミュニケーション不全の症例を分析しながら、ファシリテーションの具体的な活用法とその成果を解説している。
ファシリテーター 甦る組織
芹﨑治 著/黒田 由貴子 解説
幻冬舎
【内容】
PFCをモデルとした企業再生小説。
組織の諸問題に苦しむビジネスマン必読!実在の企業をモデルに描く感動のリアルストーリー。実在する熱血ファシリテーターたちとの出会いによって「変革」「再生」していく様子を鮮やかに描く企業小説。
チーム・ビルディングの教科書
ハイパフォーマンス・チーム研究会(ピープルフォーカス・コンサルティング) 著
秀和システム
【内容】
組織運営の基本単位であるチームを、よりハイパフォーマンスな集団にするための実践ノウハウを詰め込んだ実践書。 組織力向上の最新メソッドである「チーム・ビルディング」の理論的枠組みから、ワークショップにおける具体的な実践手法、 ビジネスの現場への応用まで体系的に網羅。「勝利する集団」に生まれ変わるためのノウハウを徹底解説!
会社を変える会社を変わる
黒田由貴子(ピープルフォーカス・コンサルティング) 橘・フクシマ・咲江(コーンフェリー・インターナショナル)共著
ファーストプレス
【内容】
組織開発によって「会社の組織を変える」か、それともいっそ「会社を変わる」か。現状に満足できないエグゼクティブやリーダーが一度は悩むことがあるこの問いに、ふたりの女性経営者が様々なケースと共に答える。
組織開発ハンドブック
ピープル・フォーカス・コンサルティング
東洋経済新報社
【内容】
あなたの組織はもっと強くなれる。変革の鍵を握るのは経営者だけではない。
組織の活力を社員全員で「引き出す」理論と手法を知る必携の一冊。
リーダーシップ開発とファシリテーションのリーディングカンパニーであるピープルフォーカス・コンサルティングの組織開発コンサルタントが様々な視点と具体的スキルを紹介。この一冊で「組織開発」がわかる、できる。
組織の「当たり前」を変える
田村洋一著/ピープルフォーカス・コンサルティング監修
ファーストプレス
【内容】
組織開発ファシリテ ーターのあり方、考え方、スキルなどを、豊富な実例と共に伝えてくれる一冊。
本書では、一律の方法論や教科書的なテクニックではなく、ファシリテーターが現場で何を考え、何を実践しているのか、 楽屋や舞台裏で何が起こり、舞台がどのように動いているのかといった、組織開発ファシリテーションの最前線の実況中継を紹介している。
企業組織不是一成不變(『組織の「当たり前」を変える』台湾版)
田村洋一著/ピープルフォーカス・コンサルティング監修/蔡幸君 訳
小知堂
【内容】
田村洋一氏の『組織の「当たり前」を変える』の台湾版(繁體中文訳)。
燃える!会議術 
プレジデント編集部
プレジデント社
【内容】
第二章 98%の会社で「ムダな議論」が行われている~『「ポスト・イット、模造紙」議論百出の小道具術』をピープルフォーカス・コンサルティングのコンサルタント、吉村浩一が執筆致しました。
ファシリテーター型リーダーの時代
The Facilitator Excellence Handbook

フラン・リース著
ピープルフォーカス・コンサルティング代表取締役 黒田由貴子 訳
内容】
組織活性化の決め手、プロジェクトチームの切り札。
いま注目を浴びる「ファシリテーター」とは何か。
(前書きより)
変革の時代のリーダーに必要なことは、組織や肩書きを超えて多様な人材と協力し、彼らの力を最大限に引き出すことなのだ。
つまり、自立したプロフェッショナルたちが、知恵や力を合わせてシナジー(相乗効果)を上げていく、これが本来のチームワークであり、これこそがファシリテーション・スキルのテーマなのである。
なぜあの人だと話がまとまるのか?
田村洋一著(明日香出版社)
【内容】
ピープルフォーカス・コンサルティングの顧問であり、そしてもちろんファシリテーターズクラブの会員でもある田村洋一氏の著作です。
ファシリテーター、コンサルタントとして豊富な経験をもつ田村氏が、「話しがまとまる」ための具体的な行動のガイドラインを惜しげもなく伝授してくれます。
問題解決ファシリテーター
「ファシリテーション能力」養成講座 

堀公俊著(東洋経済新報社)
【内容】
戦略型リーダーに必要とされる組織(チーム)の力を発揮させ、問題解決を実現させる技術を事例をもとに指南。
「ファシリテーション」という新しい概念の本格的解説書です。
ファシリテーションの技術
「社員の意識」を変える協働促進マネジメント

堀公俊著(東洋経済新報社)
【内容】
問題解決から組織変革まで扱ったファシリテーションの入門書。
大企業病に陥った組織が、自発的に改革していくためのファシリテーションの技術が網羅されています。フレーズ集やツール集を散りばめてあり、すぐに役立つ一冊となっています。
JMAマネジメントレビュー 2007年1月号
「企業人教育最前線」 でPFCの提供するファシリテーション・スキル修得セミナーを紹介
詳細はこちら
Exective Matters 2003年11月号
「組織力を高める-ファシリテーション、コーチング、モチベーション」 
詳細はこちら
賃金実務 2003年11月号
「人事部門の新機能とファシリテーション」
記事を読む
人材教育 2003年10月号
「日本におけるファシリテーションの可能性を探る」
2003年8月6日のシンポジウムの様子が紹介されています。
「プレジデント」(プレジデント社)2003年3月17日号
チームを問題解決に導く会議進行の技術(黒田由貴子)
記事を読む
「プレジデント」(プレジデント社)2002年2月4日号
チーム力を最大にする「ファシリテーター」とは何か(黒田由貴子)
記事を読む
『会議革命』
PHP研究所
齋藤 孝 著
【内容】
報告ばかりで形骸化している、目的が不明確、結論の先送りばかり、発言しにくい雰囲気がある、決まったシナリオをなぞるだけ…。そうした会議の改善策を「十の法則」にして講じるほか、「三つの革命」で独自の会議スタイルを提案してくれます。
『会議の開き方・すすめ方・まとめ方』
実務教育出版
安達勉・澤田直孝・福山穣 著
【内容
だらだら会議を、スピーディで充実感・一体感ある会議に変えるには? 会議の本質を解き明かし、司会者、参加者の役割、準備・進行・フォローの基本原則、成果を高めるヒント等、目の覚めるノウハウが満載です。